2006年11月16日

おまえがいうな

http://www.major.jp/news/news20061115-18589.html

売らないけど買うよな。


            ,゚ー-〜-〜〜〜〜〜-,
              / 買うよな    
          /ー--〜〜〜〜〜〜-'
       ∧_∧/
      (´・ω・`)
        O┳O  )   =-
      ◎┻し'━◎  キコキコ
posted by ノリフ at 08:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

後半戦が始まってますが

シーズン前半までの打撃陣のOPSをまとめてみました。
ただし、これは出塁率重視型の出塁率×3+長打率で順位をとってます。
順位 リーグ 選手名(所属) 打率 OPS OPS(出塁×3)
1 (パ) 松中(ソフトバンク) 0.367 1.088 2.044
2 (セ) 福留(中日) 0.349 1.06 1.894
3 (セ) 李(巨人) 0.323 1.021 1.787
4 (パ) カブレラ(西武) 0.32 0.973 1.785
5 (パ) 小笠原(日本ハム) 0.302 0.926 1.706
6 (パ) フェルナンデス(楽天) 0.314 0.962 1.706
7 (セ) ウッズ(中日) 0.283 0.937 1.705
8 (セ) 青木(ヤクルト) 0.33 0.859 1.693
9 (パ) ズレータ(ソフトバンク) 0.301 0.918 1.672
10 (セ) ラロッカ(ヤクルト) 0.299 0.889 1.663
11 (セ) 金本(阪神) 0.297 0.862 1.66
12 (セ) 岩村(ヤクルト) 0.305 0.886 1.64
13 (パ) 中島(西武) 0.313 0.878 1.64
14 (セ) 浜中(阪神) 0.297 0.862 1.602
15 (パ) 和田(西武) 0.284 0.842 1.586
16 (パ) 福浦(ロッテ) 0.326 0.79 1.562
17 (パ) ベニー(ロッテ) 0.286 0.812 1.544
18 (セ) 村田(横浜) 0.266 0.871 1.521
19 (パ) 西岡(ロッテ) 0.29 0.779 1.517
20 (セ) 阿部(巨人) 0.308 0.782 1.51
ただのシロートでも、こんなデータがあっさり取れちゃうのが、野球って競技の特徴のヒトツ。
OPSっていうのは、打者としての能力を、
 ・アウトにならない
 ・より多くの塁を稼げる
という点に絞って解析した数値で、特に出塁率にこだわった場合には、上記のように出塁率3倍で表現する。
一般的な打率では四死球が評価されづらいが、こちらだとテキメンに現れてきます。

松中あたりはもう、変態としかいえない数値になっちゃってますが・・・
李やカブレラあたりにも言えることですが、後ろを打つバッターの層が薄いと、相手投手側に無理な勝負を避ける傾向が出てくるので、四死球が増えてきます。
なので、このリスト中にいわゆる“4番打者”が多いのは、“強打者”ということでいいと思うのだが、“1番”を打っていてこのリストに入ってくるのが、西岡(マリーンズ)と青木(スワローズ)だけってのもちょっと意外。

まぁ、一方は長打率だからというのもあるが・・・
なんとなく眺めてると、そのチームの重視している打順構成、というのもよけいに見えてきておもろいね。


ちょっとやりたくなってやってみたら、案外面白い、という話でした。
posted by ノリフ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

やっちゃった

とうとう・・・

まぁ、とりあえずおめでとう。
たまたまこの日に帰ってきてたヨシノブの笑顔がなんだかな、ですが。


続きを読む
posted by ノリフ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

●●●●●●●●○●○●●●●●●●●●の分析

何?

って、某球団のここ20試合ばかりの勝敗なんですが・・・


実は、この直前には5連勝してます。
もっとも、その直前には5連敗してるわけですが。
(※この辺参照のこと)


こうなるに至ってしまったポイントは2つ。
まず5月後半に、去年もメタメタにやられたマリーンズ相手に3タテを食ってしまう。
もともとが『ニガテなモノには徹底的にニガテ』な体質な上に、スチール、エンドラン、さらには8回同点からのバスターエンドランなんて決められて、やりたい放題やられた上にストッパーまで打ち込まれるという散々な目にあい・・・


この辺から明らかに歯車が狂いだします。


勝ってようが負けてようがリリーバーの顔ぶれに変化がなくなります。


それでも、ファイターズと5分、ライオンズ相手には3タテするなど、いっときは持ち直すんですが・・・


このライオンズ戦中に小久保がケガで離脱します。
小久保抜きでホークス・マリーンズと6連戦ということに。
ヨシノブもいないし!
という声も聞こえてますが、もともと交流戦に入る前後から出たり出なかったりなうえ、帰ってきたらきたで、見るからに太ってたりしてたので関係ありません。


きっちりホークスから3タテの上、1試合打者27人で終わるなんていうヒドイ目にあいます。


で、慌ててカープから浮いてた木村拓哉を補強し、たまたま海外から振られていた小関(←これもまた運の無い男だが・・・)を使いだすのですが。


2人揃ってやらかします。


ベースは踏み忘れるわフライは落とすわ・・・


空いた部分にちょうどいいピースが埋まらないまま、それどころか捕手のしんのすけまで出たり出なかったりするようになり・・・


このチームは、今日からまたタイガース&ドラゴンズとリーグ首位を争ってるチームと戦うことになります。
オレが見る分には、松井が抜けてから埋まったことのない外野の穴と、選手をまとめることの出来るサードが弱点だと思うのですが、ギリギリになって34歳の外国人を補強するようです。

中継ぎの数も控え捕手も勿論足りてませんが、控え1番手捕手は昨年放出してるし、その控え捕手を埋めるために、5月に中継ぎ左腕投手を放出してるくらいだから、いらないんでしょう・・・


面白いから見たいんだけど、テレビ放送しなくなっちゃったw


これはもうだめかもわからんね


よくわかるAA
posted by ノリフ at 18:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

マニアックなハナシ

6/23のジャイアンツvsドラゴンズ戦。
9回表になって4−2でドラゴンズリード。
守備固めに入るドラゴンズ。

投手:川上
捕手:谷繁
一塁:森野
二塁:奈良原
遊撃:井端
三塁:川相
右翼:福留
中堅:英智
左翼:アレックス


別にドラゴンズファンでもないんだけど・・・
なにこの鉄壁守備陣

「9回のドラゴンズ」のファンになりそう。
posted by ノリフ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。